<< 帰還:体調不良 | main | 暴れ >>

スポンサーサイト

  • 2012.10.13 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


いつまでも終わらない風邪

 

ぶっぱ・・・・

非難されることも多い、格闘ゲームの重要行動。

たとえば、微妙な距離でいきなり昇竜拳を打って、それがたまたま出していた小足などに刺さるとき、読みなのか、ぶっぱなのか、判別は難しい。当たるぶっぱは良いぶっぱ、などとも言われる。

画面中央で刺しあいすべく中足を振っていただけなのに、いきなり昇竜拳セビキャンからのフルコンなんて食らった日には納得できない気持ちになるかもしれない。「相手がいきなり昇竜拳を打つかもしれない・・・」なんて読み合いは、普通は、少ない。

だがいま、ダッドリーのジェットアッパーで吹き飛ばされたかがみは、自嘲するように笑っている。

 なるほど、と。

ヴァイパーもまた、ぶっぱを非難されるキャラだ。
EXセイスモぶっぱ→ウルコン、で半分奪えてリスク無し、なんてやっていられないという意見もあるだろう。


 糞キャラ、と言われることもある。


 いや、昨今、世の中では、あれが糞、これが糞、と批判の言葉ばかりが飛び交っている。
 滑稽だな、とかがみは思う。
 あの頃、かがみは、もっと酷い糞キャラの泥沼にいたのだから。

 「リスクのあるぶっぱをそれだけ当てられるなんて、大したものよね」
 「ぶっぱではありませんわ、読みです」
 と瞳子が見得を切る。かがみは相手にしない。それは口プレイに過ぎないからだ。

 EXセイスモ、か。とかがみは思う。
 
 ヴァイパークソキャラ、ユンヤンクソキャラ、フォルテ糞キャラ、セス糞キャラ、一体、どれだけのキャラを糞だと否定したら人々は満足するのか。
 EXセイスモからのウルコンで勝利を決め、糞キャラ呼ばわりされたことは、かがみもある。しかし。


 かがみはかつて、KOFプレイヤーだった。


 ヴァイパーはKOFのような部分を持つキャラなので相性が良い、というのはある。
 だがそれ以前にかがみは、キャラクターを愛するプレイヤーなのだ。KOFのキャラ人気は凄まじく、腐人気も凄まじかった。感情移入する、ダイブすることがかがみのpp5000能力ならば、キャラ愛に溢れるKOFをかがみがプレイしていたのも不自然ではない。


 そして、KOFは糞キャラで出来ている。


 正確には、独特のバランスの取り方をしており、極端に強いキャラや弱いキャラが出来やすいバランスで、そして残念ながら糞キャラと言うほかないようなキャラも多かった。

 まるで泥沼。

 避け行動を一回通しただけで体力を7割奪っていく主人公、平然と登場する即死コンボ、無限に繋がる攻撃、狂ったような判定、明らかにバグのような火力・・・・
 対戦ツールとしてのKOFは常にギリギリのところにいた。それでも成り立つのは、キャラクター人気がメインで、一人用でも爽快感があったりしたからだろう。寒くやりはじめれば、どこまでも寒くなるゲームでもあった。
 だからキャラ人気がオロチ編終了でひと段落するとあっという間に廃れてしまった。あと、ラスボスは平然と全画面判定とか使ってくるイカレぶりだった。大体、暴走庵とか普通にプレイヤーキャラで使えたし、イカレてた。


 そんな糞キャラ同士の泥沼でも、対戦は行われる。


 北斗の拳が全キャラ永久持ちのバランス破綻ゲームでも対戦が楽しまれるように、そこにゲームがあれば対戦がある。永久や即死の横行するクソバランスの中、かがみはキャラ愛で戦っていた。
 そしていま、ヴァイパーをクソキャラだという、ぬるま湯に漬かったカプコンゲームプレイヤー達。
 かがみは微笑するだけだ。カプコンゲームでも、ジョジョの奇妙な冒険でアブドゥルの120フレーム無敵とペットショップを使っていた者達には、その泥沼が見えていた筈だ。

 ここはまだまだ、ひなたぼっこにちょうど良い縁側に過ぎない。

 「貴方は絶対、私の技を避けれない」
 「?なんです?」
 「私は、貴方より十年も前から、この技を知っている・・・!」


 EXセイスモは、地面を叩いて地震を起こす技だ。
 地面に足が触れていると吹っ飛ばされるという理不尽に広範囲な技でもある。
 かつてかがみは美形好きとして日本チームをKOFで使い、そこに一人、強力な投げ使いがいたのを覚えている。かがみの目当ては草薙京なのでそのキャラが使えるようになったのはおまけに過ぎないが、どの年度のKOFでも、そのハチマキを巻いた柔道家は安定して強かったのだ。

 
 地 雷 震!!(E X セ イ ス モ)


 ダッキングしようとしたダッドリーが空中へ吹っ飛ばされる!ヴァイパーが一瞬でダッドリーに追いついた。かがみが叫ぶ。

 「大門!!」


 バーストタイム炸裂、燃え上がる格闘ゲーマーの時間が、美しい炎の軌跡を残してダッドリーを焼き尽くす。
 かがみの髪留めがその熱気に千切れ、ツインテールが解けた。
 長髪振り乱す悪鬼と化したかがみが、その目を赤く光らせ瞳子に言う。

 「私のEXセイスモには、大門の魂が宿っている・・・・!」



 つづく

スポンサーサイト

  • 2012.10.13 Saturday
  • -
  • 21:57
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
つまらない
  • .
  • 2011/10/23 12:54 AM
非難されることも多い、格闘ゲームの重要行動。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM